スポンサードリンク

工事担任者かんたん・ステップアップサイトトップ >情報通信エンジニアレポート  >> 情報通信エンジニア・レポート<平成24年版の書き方のヒント1>
2012年情報通信エンジニア更新研修用レポートの書き方のヒントについて簡単に説明します。


あまり詳しく書くと更新研修のレポートを書くチカラが養われないので、回答例はあげずに私がレポートを書くときにしているちょっとした工夫を述べてみます。


平成24年の更新研修用レポートの課題のテーマをあげると「クラウド・コンピューティング」「有線LAN工事試験」「リスクアセスメント」「電子メール等のプロトコル」がビジネス・ホームコースの共通問題「IPv6」「無線LAN」がビジネスの追加課題です。


これらの課題は「2012 情報通信エンジニア更新研修テキスト」のみでほぼ7割程度、レポートを埋めることができます。


それぞれの課題にちかい部分を更新研修用テキストから数ヶ所探してそのページ番号をレポート用紙のすみにでも書いておきましょう。


更新研修用テキストから探した部分を何度か読み直して、共通するところでつなぎ合わせたり、文の前後を入れ替えたりすれば文章として読めるようなります。


情報通信分野の参考書では、情報処理技術者試験の応用情報技術者試験のテキストやネットワークスペシャリスト試験のテキストも参考になるので本屋さんでパラパラとめくって読んでみてください。


更新研修用テキストには、レポートを書くのに参考になる書籍・文献やサイトのURLも掲載されていますので活用しましょう。



スポンサードリンク


ゴシップ